江戸時代中頃、伊勢から出て参りまして骨董商などを営んでおりました当店の先人が、牛を商いとして牛鍋屋を始めたのは1869年。明治2年2月のことでありました。一説によると、時の当主の身体が弱くその健康の為に薬喰いとして牛肉に注目したとも言われております。

西郷隆盛や福沢諭吉ら幕末から明治にかけてのヒーローが活躍していた、遠い遠い時間の流れを超えた、いわゆる文明開化の頃でありました。
但し、少々当時の世相に先行している面もあり、高い塀で外から遮断した店構えにしたりするなど、創業の苦労もあったと伝えられております。

それも、明治天皇が明治5年1月24日に牛肉を召し上がられてからは、牛肉の食文化が多く人々の間に浸透していき、商売の基礎も確立して参りました。
まさに、伊勢重の歩みがすき焼き・和牛料理の歴史なのであります。
また一方、伊勢重は考えました。
冷蔵庫の無い時代、牛肉を長期保存できないものかと。

牛佃煮の誕生です。

井戸の中など冷所に保存していても、牛肉は変色して参ります。そこで考案されたのが、素朴な味わい乍ら醤油ベースの日本人好みでご飯に良く合う牛佃煮です。
冷蔵不要で長期保存ができ、少量で食欲増進に役立つ、お好みに合えば飽きることのない風味でございます。

すき焼きと牛佃煮。
これが当店の二大看板です。
今、私達は香味・吟味・妙味の三味一体を守り、その上で日本人の口福(こうふく)につながる牛肉料理を皆様にお届けしたいと思っております。

明治・大正・昭和・平成と時代は変化し、時には世の中の風潮と違っていても、伊勢重は心にも身体にも良い牛肉の美点を凝視してまいります。


6代目社長 宮本重樹

ページのトップへ戻る